理想的な飲み方

the pills in the bottle

レビトラは、先にED治療薬として発売されたバイアグラと比べて「食事の影響を受けにくい」という特徴があります。
ただし、全く食事の影響を受けないというわけではありません。
満腹になるまで食べてから服用しても、せっかくの効果が発揮されないということも考えられます。
そのため、なるべく胃の中に何も入っていない空腹の状態で服用することがオススメです。
効果が出始めるのは平均的に15分と言われていますが、空腹時に服用した場合、早い方なら5分で効果を感じられるようです。
しかし、どうしても食後にしか服用できなさそう、という場合には800kcalまでに抑え、脂肪分が30%以下のメニューを選ぶのが効果的です。
800kcalと言ってもあまりピンと来ないと思いますが、親子丼や牛丼、天ぷらそば、さんまの塩焼き定食といった普段私たちが食べなれているようなメニューはだいたい800kcalまでとなっています。
最近、レストランのメニューでも、料理名の下にカロリーが小さく書かれていることがありますよね。
それを参考にしてみるといいのではないでしょうか。
また、脂肪分については焼肉やステーキなどの見るからに脂肪がたっぷりあるようなメニューは我慢して、なるべく消化の良いあっさりとしたメニューを選ぶように心がけて下さい。
また、レビトラを服用する際に、お酒を飲んでも構いませんが、少量にとどめておく方がいいでしょう。
気分を盛り上げようと無理に飲んでしまうと、吸収率が急激に高まってしまい、最悪の場合意識を失って倒れてしまう危険もありますので特に注意が必要です。